スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 0624 定期検診 
以前から たまに便に血が混ざってた
それを含め検査
結果心配いらず その他もまあまあ良好
全体的に数値は下がってきている
よい傾向

以下コピペ


胆嚢の数値は相変わらず高い
たぶんステロイドの影響
続くようならエコー検査も考える

吐き気が落ち着いたら免疫よくせいざいへの移行も考える

便検査は心配なさそうとのこと
腸の荒れによるもの
犬には珍しくない

白血球→前回よりマイナス13100
なんと正常値、なぞ

BUN(尿毒素)→正常

ALT→164、前回よりマイナス72正常値までマイナス66

AST→51前回よりマイナス5正常値までマイナス7

ALP→3500超え、前回と変わらず

GGT→158前回よりマイナス1正常値までマイナス144

T-Bil(黄疸)→1.1前回と変わらず、正常値までマイナス0.6

CRP→5.1前回よりマイナス2.9正常値までマイナス4.1
下がったがまだ高い

表情もよいので
薬はそのまま
2週間もらう


PH_277.jpg

スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/968-e69d91c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。