スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 0224 壊死性白質脳炎に立ち向かおう! 
同じ病気に悩んでいる方から連絡頂きました、
情報交換していきたいと思っています。

もちろん そのままブログに転記するような事はしません、
了承の元、支障のない程度で記事を書いて行きます。

宜しくお願いします。



※本記事のタイトルを書くのに久々に病名をタイプしました。
 文字変換が一発にでてしまう程、
 PCは覚えていても、飼い主は忘れようとしてました。
 
 「一体この病気はなんやねん!?」 と思ってしまう。
 新しい病気とはいえ、犬種も発症時期もマチマチ。
 「こんなに外れているのであれば、寿命宣告も外れちゃうん?」って願ってしまう。

 同じ症状でお悩みの飼い主さん、是非情報交換をお願いします。
 それぞれのワンちゃんに有効な「治療法、民間療法」を探しましょう。

 うちの未来ちゃんですと、
 ●薬 
  -脳圧を下げる薬=イソバイド(脳圧下げる薬)
  -ステロイド剤=プレドニン(免疫抑制剤)
  -プロへパゾン(肝臓数値悪化副作用に対して投与)

 ●民間療法
  -飼い主の諦めない心
(事実歩けない、立てない状態から 旋回しながら散歩できるようにありました)
  -姉妹ワンちゃんの介護
(姉ゆきちゃん、妹なみちゃんが加わり、異常時の呼び出しはもちろん、未来ちゃんの介護に大いに貢献、決してうつる病気ではないので、賠償として店からなみちゃんを迎い入れました、結果姉妹共に良い刺激になります)
  -漢方茶
(獣医さんの了承の元投与、肝臓に有効なタンポポ茶成分を含む、結果肝臓数値が改善、かなり薄めます)
  -馬肉 
(未来ちゃんの足が細すぎて、肉にならないので、今月から投与、ドライフードのふりかけ感覚)
  -家中のバリアフリー化 
(なるべく段差を減らし、自由にさせています、トイレは昔と比べ我慢はできていますが、病気の為間に合わない事が多い、その為オムツを常に履かせています、マメにとりかえ)
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/729-8a6bb21f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。