スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2.経緯_MRI_苦渋の決断 
5/14 8:45未来ちゃん迎えに行って府中の
   「東京農工大学」でMRIを撮りに行った、
   循環系担当医師の説明で

   症状としては水頭症が疑われる、
   違うのであれば「脳出血」、「脳炎」
   年で言うと多分水頭症でしょう、、  
   この中で言うと「脳炎」が厄介です、

   なによりも、全身麻酔のなので最悪のケース目覚めないかもしれません、、、

   え!
   
   分かっていたけど、どうすればよいのか、、、

   色々突っ込んで聞いてみると、
   「水頭症と仮診断して、見切り発車で水頭症の薬を投与することも出来る」 との事、
   でも
   「この若さで、将来的の事考えたら、MRIで白黒つけるのを薦める、でも麻酔は危険」

   「CTだけでも可能だが、得る情報が少ない、CT10分に対しMRIは1時間掛かる、麻酔は不可欠」

   悩んだ時間多分10秒くらい、でも頭フル回転して 同伴のKUMAと一緒に決断しました、

   MRIでお願いします。

   
   予定2時間(MRI1時間 目覚め1時間酸素室) だったが、
   じっとして待てない自分達、コンビニに行き、時間が経つのを待つ、
   40分 経った所で、電話来た!???

   もしもし、この仔チップ入れてますか? 入っているの邪魔になるので、念のため、、では

   ないです!  めちゃくちゃ びっくりした!!!!

   その医師の診断結果「脳出血」でした、
   脳圧は多少圧迫されているかも知れません、
   水頭症だと思ったがまさか 脳出血だとは、、、
     

   説明によると、
    脳に出血の影らしき物が見える、
    原因は不明だが、出血であれば、時間に経つにつれ納まります、
    中脳部分が侵されている為、平衡感覚が失われている、
    損傷した脳は回復しません、なので後遺症が残るかも知れません
    
  明日、念のため、別の先生にセカンドオピニオンとして診てもらいます、多分意見は一致しますよ

  その夜、未来ちゃんは又元の掛かりつけの病院に入院したまんま、薬の投与。

  ※目振が出る為、本人は常に酔っ払っている状態、なので食事もできないので点滴しかないのである。
   
  全身麻酔から生還しているので、脳出血の事実は受け止めれるであろうとこの日は思った。
   
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/3-92361744

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。