スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒濤の台湾滞在その3(波乱の1日) 
4日目。

tony妹、いよいよ退院と、みんなわくわくしていましたが、思わぬ展開に、、、。

帰る気満々で準備して、最終チェックに赤ちゃんの心拍を確認。

すると、心拍が弱くなっているとのこと。きづいた看護師さんが先生に確認したところ、すぐ帝王切開したほうがいいという展開に。

みんな大慌てな中、tony妹は「ということは乙女座か~。男の子だからやだな~。13日か~。ま13日の金曜日じゃないから、まあいいか~。」などと、のんきなことを!強がっていたのかな。きっと怖かったと思います。強い子です。

早く早くとお医者さんに言われながら、病室から手術室へ移動するまで数時間。手術が始まってから、赤ちゃんの無事を聞くまで1時間。tony妹が手術室から出てくるまで1時間。長い長い待ちの1日でした。

さすがのtony妹も、お母さんの顔を見てボロボロ泣いていました。「痛い、痛い~。」としかいってなかったけど、ほっとした涙でしょう。わたしたちもようやく安心できました。

そして





予定より3週間早かったけれど、立派に2614gの男の子が生まれました。色が白くてきれーいなお顔。

もうこの日のその後の記憶がありません、、、。たぶんまっすぐ帰ったかな?夜ご飯何食べたろう?!写真もないわー。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/1404-a41a13b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。