スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011 0926 墓参り 
今年の1月
大学時代の親友のが急に亡くなり辛い思いをした、
それから自分が辛い思いをするたびに
「あの子の痛みを思えたら、こんなもん!」 と考えながら 
「痛い胃カメラ」や「手術前の恐怖」とかも耐えてこれた、

逆に楽しい思い出の旅行時、ふとした時、
山を見下ろした時や、温泉に入ってる時には昔を思い出してしまい、
堪らない気持ちになる

そんな「友」の墓参りがずっとしたかった、でもどのタイミングで聞けば分からなかった

「もう 聞いてみてもいいかな?」
「まだかな? お盆がええかな?」
「いや お盆忙しいんちゃう?」
「電話で聞く?ハガキ?手紙?」


とか色々考えてたらもう9月になってしまい、
9・25日曜(昨日)

急に溢れた気持ちで、車でそのまま彼の実家、茨城へ行った、
10年以上経っていたので、迷いながら辿りついた、
道中「あ、このコーナー曲がったな、自転車後ろに乗っけてもらったな(立ち乗り)」とか思い出しながら、、

ピンポーン!

とインターホン押したら 妹さんが出てきた、

お墓の場所を聞いた、そして詳しい区画番号が知らないそうなので
絵を描いてもらった、
2011-09-25_15.00.22[1]

「左の奥」という情報を頼りに、
我が家を通り越して、船橋へ飛んだ、
16時に着き、残り1時間で閉園という状態。

とりあえず、左奥まで行き、
奥から一列一列探した、
10列探しても
30列探しても見つからず、
50列探して、残り30分しかない!

ふと冷静になり、
案内所に訪ねた、そしたらパソコンであっさり見つかり、
渡された番号札を頼りに
さっきの場所まで戻った。

なんと 後3列で辿りつく感じやった
なんて辛抱が足りないんや わしは!

ずーと何カ月も墓参りがしたかったし、

「辿りついた頃は泣いてしまうかもな」とか妄想してた、
でも実際は汗だくだくでそれ所でもなかった。

見つけた頃には16:40なっていた、
あかん 閉まってまう!
お花も線香も桶もブラシもない、 なにもない
その場は挨拶して、近いうち 出直してから又行こう。
長く待たせてごめんな と思った。

昔からこの子には色んな相談、悩んだ姿を見せていた、
今、またこんな悩んでる姿見せたら
「考え過ぎ!」と怒られそう。
スポンサーサイト
 
しし丸 #-
 
こんばんは。
学生時代、友達と自転車(懐かしのステップ!)に乗り意味もなく走り回ってたのを思い出しました。

私だったらこれは嬉しいなぁと思いながら読んでました。

なんかコメント欄に来てみたものの、何を書きたいんだ?状態です。

『こっそり派』脱出中の しし丸より
tony #-
 
どうもー、私も記事を書いてて、
「結局何が書きたいん?」という感じです、
まあ、溢れた気持ちがそうさせたわけで、、、

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/1295-d23df0c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。