スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 0117 
本日は阪神大震災16年目らしい、
震源ど真ん中の被災者やけど、時間は覚えているが、年数が覚えられなくなった、
で計算すれば出てくるけどな。

わたしは神戸ポートアイランド、通称「ポーアイ」っていう人口島に日本の実家があった、
7階に住んでいたので、そこそこ揺れた、
なにかあるたんびに階段の昇り降り、電気は通る時もあったが覚えてない、
食器家具、窓が散乱した家には足の置き場も困り、上空のヘリコプターがウルサかった。

椅子に体育座りして、真剣に「今から何をやるべきか」と考えた、
液状化した島全体をリュック背負い辺鄙なところにあるジュース自販機のジュースを買い込んだ、
それでも足りないので
K-CATという関西空港へ行くフェリーを乗って食料買うために20時間程並んだ、
夜を列で過ごした、お互いの持ち寄った飴とかを交換してて励ましてた。

大阪は震度3で被害が少ない為、
スーパーが普通に営業していて、
安売りテープレコーダが普通に鳴っているのが不思議でしゃーない、
あれ 浦島太郎? と思ってしまった。
真っ先にミネラルウォーターとウェットティッシュを買った、
折りたたみ自転車が入るくらいの大きなかばんで買い込んだ、
帰りのフェリーはガラガラやった。

「え?お客さん、いま神戸いくの?」っていう顔で見られた、
しゃーないやん、家あっちやし。。

なんども三宮に向おうとしたが、
歩道の部分が約1メートル以上割れていた、
真下が海、あの「神戸大橋」がですよ!? 
カナヅチな自分は迷わず引き返した。 

記憶は鮮明に残っている




もう1つの出来事、
大学時代の友達が急に他界した、
1/14金曜 人間ドックの日に突然その子のお父さんから電話きた、
年末から入院していたらしく、
心臓の大動脈破裂、一時はペンでコミュニケーションを取るくらい回復していたらしいが、
1/13木曜に他の箇所が破裂してしまったらしい。

この子は私の大学時代、学校で初めの友達だったんです、
右も左も分からない最初の大学オリエンテーションで、
「え?同じクラス?名前は?」という始まりで付き合いが始まりました。

実家神戸にも行った事があり、
スキースノボーも良く行った、
唯一運転交代をお願いできる頼れるパートナーであった。

去年の挙式にも来てくれて、
普通に元気な顔だった、2次会では真ん前の席に座っていた。

年末から入院してたなんて知らなかった、
呼ばれたお通夜に行くとき
我孫子から20分の電車だった、たかが20分なのに、
なにも気づけなかった。

大きな花束を持って行った、
それしかできなかった。
いままでありがとう。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://mikicyan.blog72.fc2.com/tb.php/1123-62e199a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。